個人経営のクリーニング屋でのアルバイト

学生の時に近所のクリーニング屋でアルバイトをしていました。
個人経営のクリーニング店で、店長がおり、あとはパートと17時から21時のアルバイトがいました。

17時から21時はアルバイト2人で店番をするためお客さんが来ない時は世間話をしたりとゆるくバイトできました。
また、クリーニング屋なので服の仕分けや水洗いできるもの、シミ抜きやアイロン掛けなどが身につき今も役立っています。

忙しい時期は、休む暇もなくレジでのお客さんへの対応、仕分け、洗濯、電話応対などしましたがお客さんが大体顧客の方々なので顔を覚えてもらい、
「忙しいでしょ大変ね。」と声をかけてくださり、中にはお菓子をくれる方もいたりして嬉しくやりがいを感じました。

クリーニング屋を利用する方も様々でホストやニューハーフの方も利用しクリーニングの品物を通して、
その方の人柄やその業界の世界の話を聞くこともできるので社会勉強になりました。
大変だったことは、クレームの時の対応です。シミが落ちてない、色が落ちてるなどはじめから付いていたのに大きなクレームにするお客さんもいて嫌な思いもしました。

個人経営のクリーニング屋でのアルバイト
トップへ戻る