多忙な毎日の癒やしにもなる家庭菜園

引っ越して自宅に庭ができたのをきっかけに、なにもしないで放置しておくのも勿体ないので、家庭菜園を始めました。
まずスコップで土を掘り返して雑草を根から取り除き、クワで耕して空気を入れる。

堆肥を買ってきて地表下30センチくらいのところに入れて畝を立てる。表層の土からは石を取り除いてフルイにかけてきめ細かくする。
そして種を植えたらトンネル用の竹ひごを等間隔に並べて防護用の不織布をかける……。
ここまでは最初の重労働ですし、いざやり始めようとおもうと意外と腰が重くて上がらないものです。

しかし、晴れた休みの日の朝に「よし」と決めて庭に出てしまえば、意外とスムーズにできてしまったりします。
一度植えてしまえば、あとは平日は朝の水やりをする程度、週末になったら雑草を抜いたり中耕したり、意外と手間もかかりません。

にもかかわらず、得られる癒やし効果はかなり高いです。どんなに仕事で疲れていても生きている実感がわきますし、初めて芽が出てくるのを見ると感慨もひとしお。
おまけに収穫した野菜を食べるのもおいしいし、いいことずくめです。

多忙な毎日の癒やしにもなる家庭菜園
トップへ戻る